遺伝、男性ホルモンと脱毛

"様々なメーカーから育毛剤や白髪染めが販売されていますが、どれを選んでも効果があるというワケではありません。
自分の髪の毛の質や進行状況などを考慮した上でこのような薬品を選ぶ必要があります。

 

男性型脱毛症の原因としましての代表的なものとして遺伝と男性ホルモンの影響が考えられます。

 

育毛最大の敵と言われているのが「男性ホルモン」なのです。
男性ホルモンというのは第二次性徴が始まる思春期以降に胸毛やヒゲなどの部分に対して強く発毛を促進しています。
しかし頭髪に関しましてはそれとは全く逆に作用してしまうのです。

 

遺伝に関しましては、某育毛剤でも「薄毛の家系でない人には効果が無いかもしれません」などと記載されているくらいですから関係があるのですが、親がハゲていなかったとしても隔世や隔々世によって出ることもあるのです。 "

高円寺 賃貸
高円寺 賃貸check!
http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/



遺伝、男性ホルモンと脱毛ブログ:191103

シェイプアップをして体重を落としたとしても、
肉体のエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
肉体を温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
肉体を冷やす食材と肉体を温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むと肉体が温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
肉体を温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
肉体が温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑い肉体を冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものには肉体を温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものには肉体を冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものが肉体を温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものは肉体を冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
肉体を冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、肉体を温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、肉体を温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、肉体を温めますよ。